#4 「歌を磨く」ということ(2017.4.21)

ひとつ前の記事:#3 これまでの歌をたなおろし(2017.4.9)

満を持して先生に聴いてもらった歌たち。
今まで「なんとなく」で作ってきたけど、
そもそも王道のカタチというものがあることを教わり、
それぞれの歌をざっくり71点!83点!とか客観的に評価してもらい。

私の歌はなんだか、Bメロで盛り上がるのが好きだけど
サビで盛り上がり切らず落ち着いちゃいがちみたい。

「歌を作る」ということは私にとって絵日記をつけるような感覚でした。
それを点数化したり客観的に評価をもらうことは、
今まで究極に主観的だった私にはまさに青天の霹靂。

でもきっとこの悔しいような目からウロコが落ちるような感覚が、
ボイトレに行こうと思い立った時に求めていたものなんだろうな。

・・・という訳で、いくつか歌をピックアップして、
次のレッスンまでにブラッシュアップしてみることに。

その中でも何度かレッスンを重ねてブラッシュアップを頑張ったのが、
初めて作詞作曲した「100万回のありがとう」という歌。

サビをもっと強く!という抽象的なアドバイスから、
Bメロをまとめよう、コード進行を変えてみようという具体的なアドバイスまで。

気持ちよく思いついたままにメロディを歌っていた今までと違って、
思いついては歌ってみて、納得がいかず次のメロディを考え・・・
という作業は一筋縄ではいきません。

根を詰めて考えてもなんにも浮かばないので、
久しぶりにアイルランドの音楽を聴きまくって放心してみたり。

ちなみに当初のバージョンがこちら
(これはこれで動画含めお気に入り^^*)
そしてブラッシュアップしたバージョンがこちら

気持ちよーく歌って「楽しい!」だけじゃ、1曲作り上げられないんだなあ。
当たり前のことを、初めて肌で感じたのでした。

次の記事:#5 ライブMCの極意!?(2017.5.19)