#9 バースデーライブ当日(2017.6.17)

ひとつ前の記事:#8 ライブを企画してみよう(2017.5.30)

初めて自分で企画して、チラシを作って、声かけをして、
迎えたライブ当日。

朝からそわそわと会場の大広間を掃除してまわり、
開場時間に玄関前でスタンバイ。
お気に入りのジブリの曲を開始前のBGMにして、
ちらほらやってくるお客様をお迎えする時間が嬉しい。

旅館喜多屋の大広間は、まわりがガラス張りで窓を開けると周りが緑でいっぱい。
初夏の6月は少し汗ばむけど、風が気持ち良いから窓を開け放って。

ライブは2セクション行いました。
1回目のライブに来てくれたバックグラウンドが違う友人たちが、
そのあと同じ机を囲んでランチを食べて、
ゆる〜く仲良くなっている様子がとても幸せでした。

歌一つで大勢の心をひとつに纏め上げるようなパワーが私にはまだないけど、
こうやって場作りをするだけでも、ひとつ、見たかった景色が作れるんだ。

 

当日書いた日記から抜粋。

伸び代しかないはずなのに、なんか、

「悔しい」「う゛う゛ーー」みたいなのは湧かなくて。

さあ、もっと、また次へ!ってやりたいことが浮かぶ。

良い悪いじゃないけど、そういう時期なんじゃろう。

また伸び代が見えなくて苦しかったり、周りの反応が怖くなったり、

身動きが取れなくなったり、そういう時はくると思うから。

Happyでいられるうちは、精一杯Happyに。

来てくださったみなさんに、感謝でいっぱいです。

次の記事:to be continued….