歌屋さん事例紹介②「ほら、お日さま、お月さま」Song for IKUHI

歌屋さんについての詳細はこちら:歌屋さん、はじめます

前職の大好きな先輩ご夫妻からご依頼頂きました。
「2月に生まれた赤ちゃんの名前の由来を歌にしたい」ということでできた歌です。

3月が誕生日だった奥さんへの、旦那さんからのサプライズプレゼント^^*
郁日くん、お誕生ほんとうにおめでとう!

今回は、作った歌をご自身で歌ってプレゼントしたい!とのことだったので、
歌詞カードとコード譜をお渡しして、練習してもらいました。

    

****
いくひのうた
〜ほら、お日さま、お月さま〜

わくわく ぼくは 歩き出す
出会ったあの子に こんにちは
いつの間に 仲間があつまって
今日も青空を みあげるよ

胸のおくで りんりんと
あふれる勇気を 歌にして

さんさん お日さま かがやいて
にこにこ ぼくらの笑顔を 照らしてる
大きな世界を歩いてく
この道 導いてく光

 

しくしく転んで 泣くぼくに
あの子がくれた ばんそうこう
みんなで眺めた 夕やけは
なみだを忘れるほど きれい

胸のおくで ぶんぶんと
あふれる想いを 抱きしめて

ゆらゆら お月さま ほほえんで
きらきら星をお供に 見守ってる
小さな世界をつないでく
この道 彩ってく光

大丈夫 迷っても 答えは自分の名前にある

ぼくの名前は 郁日

****

「名前の理由をうたにしたい」と、
素敵なご要望をいただいてできた歌。

以下、郁日くんのお父さんの言葉を引用します。
ーーーーーーーーー
郁日(いくひ)という名前です。

右手には太陽のように、
・自分で輝ける力
・誰かを輝かせられる力を。
左手には月のように、
・陰(弱い部分)を見せられる力、
・誰かに輝かせてもらえる力を。

どちらもちゃんと握りしめながら、
俯瞰したバランスを取れるようにと、
「日」と「月」を入れた2文字。

郁の右側の「おおざとへん」には、
集落、つまり人の集まりを。
たくさんの仲間が周りにいてくれるように。
人を大切にできるように。

郁の左側は「有=在」
一番大切な「ありかた」を。
かけがえのない自分を大事にできるように。
ーーーーーーーーー